FC2ブログ

M&K

スローで素敵な生き方に役立つ雑貨を紹介していきます。
商品販売サイトはこちらです → M&K工房 http://item.rakuten.co.jp/sabohiro/c/0000000222/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海風號にて

IMGP5609舶来クーニャン
IMGP5625ブリキボート
IMGP5618鉄椅子
IMGP5615琺瑯ポット
海風號で写真を撮ってきました。
スポンサーサイト

ごく普通の物

IMGP5595コーヒーカップ
IMGP5598ミズカップ
どこにでもあるコーヒーカップとグラス。丈夫で機能的な完成品。こんなものも何時しか無くなって、なつかしくおもわれることもあるのかなぁ?

テデチネ茶海

IMGP5592.jpg
茶海って、好きな形のものが中々無い。考えてみると、茶海自体、歴史がないせいかもしれない。このテデチネ茶海(海風號)はもともと吸い口を転用したものだけど、かわいいし、使いやすい。今はもう作ってないけど、テデチネ茶器セット、アラン チャン&海風號プロデュースなんて言うの作ってくれないかな?

カエルのユキちゃん

IMGP5584カエルのユキちゃん
お久しぶりです。ぼくはまだ元気です。

上海文物商店

IMG_1606.jpg
上海に行くようになって、初めのころは、文物商店に良く行きました。あまり古いものはなく、せいぜい清朝末のものが多かったですが、値段が中国の相場通りで、安心して買えます。それから、海外持ち出し許可の印が底に着きます。今はあまり行きません。失敗はないけど、まあまあという感じで、宝探しという感じがしないからかもしれません。

コームブラシ

R0010436kp-無ブラシ
最近くしを使う人がめっきり減ったような気がする。ブラシを持って歩くにはかさ張る。そんなことからつくったのがこれ。黒檀に猪の毛を植えて作りました。革のケースに入れて携帯。髪の手入れに、頭皮のマッサージに、こんなものどうかな?

中国のスプーン

IMGP5573.jpg
光太郎さんに教わって、集めた清朝から民国にかけての、中国のスプーン。金属フェチの僕にとっては、恰好の探し物です。でもこれが最近朝市で全然見かけなくなってきました。

朝市

R0015432上海朝
R0015434上海朝2
屋外の朝市は5時半にはもう片付けが始まりだして、もう勝負終わりの予感?明るくなり始めてからでは、もう遅い。6時になると、室内に移動して新たに販売を始める業者もいるが、宝物はすでにない。暗闇で懐中電灯を照らして探すと見間違えるし、明るくなるともう無いし、困ったものです。いつのまにか顔なじみが増えた。

上海のソーホ、秦康路

R0015451.jpg
R0015448.jpg
R0015449上海ソーホ
R0015452.jpg
前回も行ったけど、食べ物も美味しいし、こじゃれた物も売っているし、けっこう楽しいところです。

上海の買い物

IMGP5570.jpg
IMGP5567.jpg
久しぶりに上海に行ってきました。朝市はちょっと出遅れてしまい、5時半に着いた時には、もういい物は売れてしまっていたみたいでした。かなり店は出てましたので、ちょっと残念。人が多いのに驚きました。そんでもって、今回ゲットしたのは、唐子の明杯2個と、茶壷1個。今までで一番少ないかも?茶壷は新品で新しいのですが、僕の好きな形で、たたらで丁寧に作られているので、ホテルに帰ってから、すぐおろしました。今、上海は骨董ブームで茶壷はバカみたいに高い価格で取引されています。骨董品屋に並んだ時にはもう手が出る価格ではないし、だいたい日本人は相手にしません。そんな中で見つけるのって、それはそれでまた楽しいです。

エッフェル塔のペーパーナイフ

IMGP5563.jpg
光太郎さんから頂いたフランス製のペーパーナイフ。一生懸命磨いたら、だいぶ感じが出てきた。エッフェル塔は1889年に第4回万国博のために作られたもので、立案にあたったギュスターヴ エッフェルが名前の由来。エッフェル塔の嫌いな人はエッフェル塔の一階のレストランで食事をすれば、唯一エッフェル塔を見ないで済むと言ったとか何とか?

一人茶器

IMGP5555.jpg
IMGP5556.jpg
このキノコのような一人茶器、実は韓国では良く使われています。それを景徳鎮で、ろくろで挽いて作ったのがこの一人茶器、商品化にはいたらなかったけど、結構気に入っています。

頭の中が茶壷50

IMGP5554.jpg
平安春峰の白磁の急須。日本の水平風茶壷の中では、一見バランスの悪そうなこの形が好きです。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。